tm8/blog

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-PLATE PRO

2013/11/28 Thu [Edit]

C-Loopというストラップマウントを愛用してるんですが、これは三脚穴に取り付けるマウントなので三脚使用時に外さないとダメ。
三脚を使うことの方が多いのでストラップを外しておくのが常態になり、肝心なときにストラップを忘れて出かけてしまうこともしばしば。

なんとか両立する手はないものかと探して見つけたのがコレ。
201311282101598cc.jpg
三脚穴に取り付けると、C-Loopを取り付けてかつ三脚穴も生きてきます。
そしてこのプレート自体がアルカスイスおよびマンフロット対応のクイックシューに対応。更に別売りのハンドストラップアタッチメントを取り付けると、ハンドストラップとの共存も可能だそうで。

取り付けたところ。
20131128210200be6.jpg
C-Loopの取り付け位置が前側に大きくオフセットされます。
中央固定ボルトの周りにある5つの穴が三脚用の穴。左にちょっと外れたところにある穴がハンドストラップアタッチメントの取り付け穴。でもこれハンドストラップアタッチメント付けたら電池蓋開かなくなるんじゃないかな・・・?

さてこれはストラップと三脚両立できて便利になるなー。と思っていたのですが思わぬ弊害が。


左がM-PLATE無しでカメラに直接C-Loopを取り付けた時。右がM-PLATE+C-Loop取り付け。
20131128205811785.jpg 2013112820580909c.jpg
C-Loopを三脚穴に直接着けた時はカメラのレンズがやや下を向くようになっており、かつレンズが身体に密着する方向に力がかかるので、レンズが邪魔にならなくてとても便利。
が、M-PLATEを使うとカメラの姿勢が、完全に逆さ向きで固定されてしまいます。しかも吊り下げポイントがカメラの中央付近になるので不安定。

また、オフセットされているせいで地面に置いた時に非常に安定性が悪いです。
2013112821020113e.jpg
C-Loopを直接三脚穴につけた時も安定性は悪いんですが、それでもバランスを崩すとしたらレンズ側と決まっているのであまり気になりません。が、この位置だとどっちに転がるかわからない。レンズの重さ次第となってしまうため不安定感があります。
かつプレートの厚み分カメラ全体の高さも増しているので不安定さが増している感じ。

ベルボンのクイックシュー、 QRA-35Lを取り付けると高さが合ってバランスがよくなります。
20131128205812f14.jpg
・・・がちょっと大げさな感じに。

C-Loopと三脚を共存するにはどちらかをオフセットさせるしかないのですが、ストラップ取り付け時もちょっと置きたいときもバランスが悪くなるのが頂けない。

質感は良いものの値段は高いしちょっと微妙かなー。
なんとか工夫して使えるようにならないか考え中です・・・。


Prev
Velbon TWIN1 R3-UT
Top
tm8/blog
Next
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
tm8/blog

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

tm8/Twitter

BlogMURA

にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村に参加しています。

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

tm8

Author:tm8
てぃーえむはち、と読みます。

日々の買い物ログとレビューなどを。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。