tm8/blog

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pebble Time

2016/09/07 Wed [Edit]

今をときめくスマートウォッチ。
20160907211731b47.jpg 20160907211732264.jpg
と言ってもApple Watchではなく、Pebbleというあまり認知度の高くない(失礼)メーカーのもの。

スマートウォッチとしては決して多機能ではなく、人によっては「こんなのスマートウォッチじゃない」と思う人もいるかも。
タッチパネルはなく、操作は側面のボタン4つで行う。
解像度は144×168pixと低く、色数も64色と少なく、発色は鮮やかでもない。


しかしながら、スマートウォッチとして私が必要だと思えることはほぼ全てできる。
スマホの通知が分かる。内容も一部見られる。
電話の着信がわかる。相手先の表示もできる。
直近数件の、Googleカレンダーの内容が見られる。
活動量計が内蔵されており、歩数や睡眠時間のトラッキングができる。
好みのウォッチフェイスに変えられる。
初期状態は英語のみですが、有志の方々の尽力により日本語化も楽々。
アプリを追加すればナビやゲームも出来るようですが、私は腕時計にそこまで求めません。
通知が分かって、内容がチラ見出来れば十分。

そして何と言っても他のスマートウォッチとの大きな違いは、液晶画面が常時表示されていることと、その状態でバッテリーが公称7日間もつこと。
実際のところ、通知やアラーム等でバイブの使用頻度の多い私でも、4~5日は余裕で持ちます。
充電も1時間程度で満充電となるため、電池の心配が少ないのは大きい。
充電はUSBから、専用のコネクターが時計裏面にマグネットでパチッと張り付きます。


液晶はイマドキの目で見ると荒く、鮮やかでもないのですが、日光下でも視認性はよく、バックライトはボタンを押すと、または手首を軽く振ると点灯するので暗所でも見やすい。
時計本体もスマートウォッチとしては薄くて軽く、その上30m防水も付いているので、常時つけっぱなしにしておきたくなるスマートウォッチです。

Pebbleには他にもバリエーションがいくつもあります。
よりカジュアルなデザインでモノクロ液晶のPebble。
Pebbleのスチール筐体版のPebble Steel。
Pebble Timeのスチール筐体版のPebble Time Steel。
Pebble Timeの丸型版のPebble Time Round(ほしい)。
Pebbleの次世代版となるPebble 2(未発売)。
Pebble Timeの次世代版のPebble Time 2(未発売、予約しました)。

欠点はベゼル部分の厚さと、他のスマートウォッチと比べるとどうしても画質で見劣りしてしまう点でしょうか。
でもこれでいいんです。必要十分ってやつです。

余談ですがPebble Timeを買ってから、Fitbit Charge HRを全く使わなくなってしまいました・・・。
Prev
Pebble Timeのバンド交換
Top
tm8/blog
Next
DG-STK2S改造(ファン追加)

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
tm8/blog

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

tm8/Twitter

BlogMURA

にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村に参加しています。

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

tm8

Author:tm8
てぃーえむはち、と読みます。

日々の買い物ログとレビューなどを。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。