tm8/blog

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターサーモクロック

2006/10/05 Thu [Edit]

ウォーターサーモクロック
温時計1

通常時は時計/室温計。
お湯につけると湯温計に。


今まで湯温計無かったんです。
子どもの沐浴には料理用の温度計使ってました。
もちろん料理用でも事足りるんですが、長いので取り回しも悪く、落とすとすぐ割れそうで危険。
そこで近所のドラッグストアを回って湯温計を探したのですが、これが全然良いのが無い。プカプカ浮くタイプが理想の一つではあるのですが、どうしても気に入るものが無い。キャラクターものとか、かわいらしいデザインで一杯ですね。流石です。
近所を探した限りでは、ピップの舟型湯温計が一番好みでした。

で、結局いつものネット通販頼りです。



届いていきなり目に付いたのがコレ。
温時計2
生活防水。・・・生活防水?!
思わず二度見です。

お湯につけていいんだよね?



温時計4
立てて置けるベース付き。
結構大きいです。
通常時はこの状態で、ということみたいです。
便利だけどちょっと場所とります。

500円硬貨は大きさ比較用。
少し見栄を張ってみました。



表面はゴムのような手触りで、少しくらいなら落としても大丈・・・やっぱ壊れそうです。なんとなく。すこし劣化が心配です。
文字盤のデジタル表示は何故かパースが効いてます。普通でいいですよ。
電池はLR44を4個使用。なかなか贅沢ですね。
この電池の取り付けがどうにも不親切。上手く説明できないのですが、電池交換の際はちょっと頭を捻りそうです。

背面下部にある金属の端子が水に濡れると、湯温計モードになるようです。
湯温計モードで設定温度を超えると、液晶が点滅してお知らせする温度監視機能付き。この液晶が点滅しても気づく自信は無いです。
お湯につけると、意外にも液晶面を上にして浮きます。これは嬉しい。

時計モードでお湯につけると、自動で温度モードに。
そしてお湯から出すと、自動で時計モードに。
温度モードでお湯につけると、そのまま温度モード。
そしてお湯から出すと、自動で時計モードに。
あくまで時計モードがメインで、室温計は湯温計のついでみたいな感じですね。


これはこれで手元に届いてみるとあまりかっこ良くないのですが、それでも近所のお店で買うよりは良かったと思ってます。
Prev
2.5インチ HDD HTS541080G9AT00
Top
tm8/blog
Next
ひぐらしのなく頃に解, ひぐらしデイブレイク

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
tm8/blog

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

tm8/Twitter

BlogMURA

にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村に参加しています。

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

tm8

Author:tm8
てぃーえむはち、と読みます。

日々の買い物ログとレビューなどを。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。