FC2ブログ

tm8/blog

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000

2007/11/09 Fri [Edit]

密輸完了。
20071109012814.jpg 20071109012821.jpg
うそです。蛇の道は蛇と申しますか、その気になれば何とか手に入るもので。
英語版、というかアジア版なのはご愛嬌

大きさは普通のモバイルマウスといった感じ。最近の小型マウスには適いませんが、持ち運びには十分耐えうる大きさです。
ただUSBドングルも一緒に収納できる付属のケースに入れると、ちょっとモバイルには向かない感じになってしまうのが何とも。
20071109012832.jpg 20071109012837.jpg

手に持った感じは、やっぱり小さいです。
20071109012826.jpg
普段MX-1000やMX-Rに慣れているのもあるのですが、スタパ斉藤氏言うところのかぶせ持ちがメインの私にはどのボタンも押しにくく感じました。私の手はどちらかというと小さい方だと思うのですが。
また、レーザー発光部がおケツ寄りにあるので、その辺りにも違和感を感じます。
ボタンの押下げ感は悪くないのですが、ボタンによってバラバラなのが気になります。
左右クリックボタンは浅く、とても静か。次いで進む、戻るボタンがやや静か。ホイールクリック、チルトはやや硬めでカチカチ音がきになります。最後にマウス/プレゼンモード切り替えボタン、これはとても硬いですが勝手に切り替わると困る機能なので、この硬さは正常でしょう。
裏面のボタンは適度なクリック感、というかまぁ普通です。

20071109012858.jpg
マウスおケツのおにぎり型レーザーマーク??を押すと電池蓋がぱっくり開きます。結構軽い力で開くので、裸で鞄に入れておくと勝手に開いてしまいそうです。

20071109012844.jpg
裏面にはプレゼンモード関係のボタンとか電源スイッチとかBluetoothのペアリングボタンとか。ホイールの下にあるマウス/プレゼンモード切り替えボタンを押すとプレゼンテーションモードに切り替わり、表の各ボタンが無効になり裏のプレゼンテーションボタンが有効になります。

20071109012851.jpg
発売停止のきっかけになったレーザーポインタ。お前か!お前か!
レーザーポインタはマウス/プレゼンどちらのモードでも光ります。

早速IntelliPointをインストールして全機能を満喫、と思ったら案の定ロジクールのSetPointと競合して同時インストール不可。仕事用マウスとしてMX-1000は気に入っているため外したくないので、IntelliPointは入れないことに。どうせチルトへの割り当ても出来ないんだろうし、PowerPoint使わない以上プレゼンモードも使わないだろうし。
ちなみにIntelliPointを入れなくても、ただの5ボタンホイールマウスとして使えるのと、プレゼンモードで音量調整だけはできました。

Microsoft WIRELESS LASER MOUSE 8000と同じく、ドライバ、ユーティリティ関係の不満はあるものの、小型Bluetoothマウスとしては悪くはないのではないかと思います。私の使い方だと、結果として割高となるのが大欠点。
Prev
ピタゴラ装置DVDブック1
Top
tm8/blog
Next
気になるモノ

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
tm8/blog

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

tm8/Twitter

BlogMURA

にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村に参加しています。

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

tm8

Author:tm8
てぃーえむはち、と読みます。

日々の買い物ログとレビューなどを。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。