tm8/blog

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAT EYE サイクルコンピュータ CC-RD200

2011/02/11 Fri [Edit]

キャットアイのサイコン。
201102112348038ca.jpg
サイコンはこないだ買ったCC-VT210Wが現役バリバリなのですが、ローラー台を購入したことで
→ローラー台でも速度や走行距離を計りたい
→CC-VT210Wは前輪計測
→ローラー台の場合前輪は固定
→後輪計測のサイコンじゃないとダメ
→折角なのでついでにケイデンスも
ってことでCC-RD200の購入となりました。

バックライトや表示画面等、本当に欲しい機能込みで選ぶとかなり上位機種のCC-TR200DWあたりになってしまうので、ある程度割り切って。割り切りついでにワイヤレスモデルも諦めてワイヤードタイプにしました。ケイデンスも測れるサイコンとしては最安値になるのかな?

 


中身はこんな感じ。
201102112348035cd.jpg
やっぱ有線なので点数が多く感じます。ケーブル固定用のロックタイは細くて長く、一藩のホームセンターではなかなか見かけない長さのものです。

CC-RD200(左)とCC-VT210W(右)。
201102112348027d0.jpg
意外にもCC-RD200の方が一回り小さい。てっきり同じくらいの大きさだと思ってたんですが。液晶上段の速度表示はほぼ同じ大きさですが、下段の表示の小ささは如何ともし難い。あと些細なことですが、上段が速度表示のみで他の表示に切り替えできないのも残念。

また、CC-RD200は操作ボタンが裏面にあり、ブラケット取り付け時には本体ごと押し込むことで裏面ボタンを操作します。これはブラケットから外したときの操作がし難いし、着け外し時に誤作動しそうでちょっとこわい。CC-VT210Wみたいに普通のボタンでいいのになぁ。

CC-VT210Wで全く必要性を感じなかったCO2削減量や、あまりアテにならない消費カロリー表示が無くなってモード周りはすっきりししました。代わりに走行距離表示が2系統になったり、Odd(積算距離)を手入力できたりと、より実用的になった印象。ケイデンス表示も思っていた以上にペース管理において役立ちます。
あとはCC-RD200は1時間放置で節電モード、CC-VT210Wは10分で節電モード、等の違いがあり。それでも電池のもちはCC-RD200の方が良いみたい。さすが有線。


センサー部。
20110211234805192.jpg
ケイデンス用センサー(左手前の)はそのままだとすき間が広すぎて信号を拾えなかったので、1mmのゴム板を5枚挟んで、約5mm底上げしています。


取説ではケーブルの処理はフレームにロックタイで固定するように書かれていましたが、ロックタイだと目立ってかっこ悪いので、これを使いました。
201102120019362c8.jpg
すっきり処理できていい感じ。耐候性が不安ですが、多分大丈夫でしょう。

Prev
Dosun ハイパワーLEDハンディライトホルダー
Top
tm8/blog
Next
minoura タイヤドライブ式トレーナー M70-R

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
tm8/blog

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

tm8/Twitter

BlogMURA

にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村に参加しています。

ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

tm8

Author:tm8
てぃーえむはち、と読みます。

日々の買い物ログとレビューなどを。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。